水銀党本部の理念

Our Concept

わたしたちは、どうありたいか


空から舞い降りた さらさら白いかけらを

手のひらにそっとのせる 冷たいけど やわらかい そんな

あなたの不器用さに似た 優しい感じ 胸が切ない


何もかも 変わらずにはいられない

このまちも わたしもあなたも

手の上のこの雪もすぐに溶けてしまうけれど

 

窓辺で待っている あなたのいない夜も

季節がめぐってくるように

いつまでも変わらない想いがあります・・・

“Snow”・・・20000HIT記念、作詞冬月 イラストあべべ様作


1、水銀党本部の目指す姿

創り、護り、発信していく

わたしたちが生きる時代は、作品とそのファンとがかつてのような一方通行の関係ではなく、相互に影響し合う時代です。
魅力的で優れた作品に多くの熱心なファンが集まるように、ファンとその活動の数と質とが、元の作品の運命を動かし、そこに新たな価値を創造していきます。
水銀燈がいつまでも魅力的なキャラクターであるために、そしてローゼンメイデンが次の世代へ、その次の世代へ受け継いでいきたい元気な物語であり続けるために、わたしたちは従来の「水銀党」が抱えてきた様々な課題への解決策を提示し、多くのファン小説・イラストを発信できる場所としての水銀党本部を創り、護り、発信していきます。

水銀党本部を核にして、人と人が出会い、交流し、多彩で活発な意見交換や新たな創作活動が生まれる――
そのために必要なのは、豊かな時間が流れ絆が育まれる憩いの場所、そして、共に考え学び合う語らいの場所を育み、提供することです。

未来へ向けて個人やコミュニティの可能性を引き出し、発展の力になる。そのために人々に様々なヴィジョンを提示し、働きかける。
訪れる人とサイトとが互いに影響し合って、いつ来ても何か新しい発見のある水銀党本部でありたい。

それがわたしたちの目指す水銀党本部の姿です。



2、水銀党本部の使命

歴史を未来へ繋げ、確かな成長を続ける

コンテンツを製作する時、新しいイベントを企画する時、水銀党本部は常に10年先、20年先へ向けての「新しい歴史の構築」をイメージします。
今日、インターネットの普及に代表される様々な情報技術の革新、ユビキタス化によって、わたしたちの暮らす社会、人間の営みや、結びつきのあり方、そして解決すべき課題も、大きく変わろうとしています。
わたしたちの活動も、長期的な視点に立って、その変化に適応していかなければならない。そう考えます。

一方で、時代が変わっても、変わらずにあり続ける価値があります。
水銀党本部は、先人が培ってきた価値を継承しながら、変化する時代の機能や感性と融合させ、多様なニーズに応えながら、未来へ向けて新しい価値を創造することを目指しています。

四季の移ろいのように時間とともに装いを変えながら、大切なものを守り、色褪せない空間を提供する。
時代の要請に応えながら、遥か先を見据える。
そして、水銀党本部がいつまでも新鮮で魅力に満ちた場であり続けるよう、様々な知恵と、経験と、情熱と、細部へのこだわりを注ぎ込んでいく。

それがわたしたちの使命だと考えています。



3、水銀党本部の信条

全てのローゼンメイデンに関わる全ての人の信頼と笑顔のために、正しい心と感謝の心を持って行動する

わたしたちは、約束します。
水銀党本部はローゼンメイデンファンのための創作交流団体として、皆様へのホスピタリティを誠実に追求することを。
そして、わたしたちのシンボルである水銀燈へのロイヤリティを守り、「水銀党」である事の伝統の重みを受け止め、その木鐸として全てのファンを支え必要とあれば進んで前に立って行動することを。
全ての皆様にお伝えしたい。
水銀党本部は、その良心に基づく責務を果たすために、自らが得られる利益のあるなしを一切顧みず、どんな対価でも支払い、 どんな重荷にも耐え、 どんな困難にも立ち向かい、 どんな小さな友人でも守り、 どんな巨大な敵とでも戦うという事を。
わたしたちはこの事を固く誓うし、またそれ以上の用意もあるのです。

わたしたちは、提案します。
「水銀党」の、新しい形を。
わたしたちは、水銀燈ファンである以前にローゼンメイデンファンとして、さらにいえば良識ある人間として、水銀燈ファンは勿論、全てのローゼンメイデンファンの方々と、価値を共有し相互の理解と信頼を深めていきたいと考えています。
人は一人きりでは生きていけません。そして、一人では一の結果しか出ないけれど、二人、三人、四人と集まって、知恵と力とをあわせれば、結果は十にも百にもなります。
水銀党というコミュニティにとってもこの原則は例外ではなく、自分と異なる意見に排他的にならず、自由と相互の尊重とを両立し多様性を育む、人間らしい温もりと前向きな活力のある連帯でありたい。

皆が共生する豊かな社会を、水銀党がつくる。
それが、わたしたち水銀党本部の信条です。






BACK