水銀燈

 

冷たいけれど、温かい

 

怖いけれど、優しい

 

強いけれど、儚い

 

美しくて、気高くて、遠いけれど、

でもなぜか近くに感じられる 

 

 

 そんな水銀燈への想いを、形にしたい

 

同じ想いを分かち合える

友が集える場所をつくりたい

 

そして、もっと大勢の人に、水銀燈を好きになってほしい

 

水銀燈への愛を紡ごう

時には熱く、時には静かに

 

いつまでも心地よく流れる音楽のような、

ラブソングのようなサイトをつくろう

 そうやって、生まれたもの

 

それが、水銀党本部です


水銀党本部とは

BACK