ドイツ・ベルリンのカイザーヴィルヘルム記念教会。第二次大戦中連合軍の空襲によって破壊されたままの状態で保存されている)

後援会会則

前文

水銀燈後援会会員は、同胞の不断の努力によって育まれた誇り高きRozen Maidenの第一ドール水銀燈を敬愛する組織・水銀党のさらなる発展に貢献する事をその責務とし、Rozen Maidenという作品が水銀燈をより尊重し、より活躍させる事を強く念願するものであって、その前提となるRozen Maidenの護持において全Rozen Maidenファンを牽引する旗手となる事を決意した。
我等は共同してRozen Maidenの布教に尽力し、悲惨な過去の争いを理性によって乗り越え、道義に基づく共存共栄の秩序を達成しようと努めているRozen Maidenファンの中で、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
我等はRozen Maidenに登場する全てのキャラクターのファンが相互に自主独立を尊重しその伝統を守りつつ、同じ作品を愛好する広義における同胞としての普遍の原理に基づき、作品内容のいかなる推移にも影響されず平和のうちに生存する権利を有する事をここに確認する。
我等は水銀燈の人気拡大ばかりに心を砕き他のキャラクターのファンへの博愛を怠ってはならないのであって、第一ドールのファンであるが故に有する全Rozen Maidenファンに対する特別の使命を忘れず、水銀燈の名に恥じない偉大な時代の建設者でなければならない。
水銀燈後援会会員は、誇り高きRozen Maidenの第一ドール水銀燈を敬愛し水銀燈の名誉と尊厳を守るという水銀党員の使命を自覚し、一致団結、規律を保持し、常に水銀燈の気高い行動を己の規範として胸に抱き、会員相互の人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、荒らし行為に関与せず、包容力を養い、事に臨んでは危険を顧みず、身をもってこの崇高な理想と目的の達成に務め、もって全水銀党員の負託にこたえる事を誓ふ。

第一条 会の名称

本会は水銀燈後援会と称す。


第二条 会の目的

本会は誇り高きRozen Maiden第一ドールである水銀燈を敬愛し水銀燈の精神を尊び、自身の水銀燈への理解を深めると同時に、様々なイベントの企画・実行や他の行事への参加などの諸活動を通じて水銀燈の魅力を紹介しその布教に努め、もって健全な水銀燈人気の拡大とRozen Maiden全体の振興に寄与する事を目的とする。

第三条 会の運営

本会は水銀党本部に付属し、その事務的な運営は水銀党本部のスタッフがこれを行ふ。
水銀党本部は運営にあたって会員の希望を積極的に反映させ本会の発展に貢献する責務を有する。

第四条 会の活動

本会の活動に関しては会員の義務として何らかの具体的活動を課すものではなく、本部スタッフと会員相互の主体的な提案に基づき柔軟かつ自由にこれを行ふ。


第五条 会員の資格

原則として、水銀燈(及びそのミーディアムの柿崎めぐ)を愛する者は誰でも入会できる。
ただし、以下のような場合は入会を認められないか、もしくは会員の資格を失う事がある。

1、正規の入会手続きをしていないか、本人の入会の意思が確認できない場合。
(ただし本部スタッフもしくは会員の紹介があった場合は特例とする)

2、水銀燈への愛を偽って入会したが実際に内心では水銀燈を全く愛していない事が何らかの状況で表面化した場合。

3、仮に水銀燈を愛していると本人が確信していたとしても、その愛の内容と方向性が第三者から見てあまりに猟奇的であったり水銀燈を貶めるもので、水銀燈への健全な愛とは認められないと判断される場合。

4、通常の論評や批判を越えて他のキャラクターの外見的特徴や言動等への非理性的な誹謗中傷を繰り返したり、他のキャラクターのファンサイト等への荒らし行為に及んだ場合。

5、その他、水銀燈と水銀党員並びにRozen Maidenにとって不利益となり得る行為に及んだ場合。


第六条 荒らし行為の放棄

1、本会会員は、正義と秩序を基調とする理性的平和を誠実に希求し、Rozen Maiden内外を問わず他のキャラクターあるいはそのファンを一方的に誹謗中傷するような事は、水銀党員の品位を貶め、ひいては水銀燈もしくはRozen Maidenのイメージダウンにつながりかねない行為としてこれを永久に放棄し、自らが気がついたらこのような行為に及んでいる事のないように厳しく自戒する。

2、ただし水銀党員に対して先制攻撃的な荒らしが行われたり水銀党員の自由で快適な活動環境が脅かされた場合これに対して水銀党の生存権を守るために行われる防衛、また水銀燈の名誉を著しく傷付ける誹謗中傷や誤った歴史認識に基づく水銀燈批判に対して水銀燈の名誉を守るために行われる理性的な反論は、前項が禁ずるところの荒らし行為には含まれない。


第七条 会員の責務

以上の会則を遵守し、水銀燈への忠誠とRozen Maidenに対し水銀党員が有する崇高な使命を貫徹する事が、本会会員の責務である。




BACK