come

〈代表紹介文〉
水銀党本部が主催する『水銀党ペンクラブ』のリーダーとして、ローゼンメイデン二次創作文筆活動を牽引する存在。冬月にとってかけがえのない文筆の同志。
平成19年7月、45人目の後援会員として水銀燈後援会に入会。同年夏に開催された第一回目の水銀党本部フェスティバルに初投稿した、めぐから水銀燈への想いをつづった独白形式の短編「ねぇ 水銀燈」が、その洗練された文章から注目を集める。
その後も、ハイクオリティな二次創作・オリジナル作品を次々と公開。作風は独創性に富み、豊かな語彙によるユーモアのセンス溢れる比喩表現、童話のようでありながらホラーやサスペンスを感じさせるストーリーは読む者を虜にし飽きさせない。
元はエヴァンゲリオン系二次創作小説の書き手であり、現在はローゼンメイデンとエヴァンゲリオンをコラボさせた長編ROZEN-EVAを連載している。
また従来インターネット上での作品公開に終始していた水銀党ペンクラブで同人誌作成プロジェクトを推進し、平成23年10月の第14回ローゼンメイデンオンリーイベント「まきますか? まきませんか?」にて、冬月・赤木博士と合同で小説同人誌「水銀党文庫2011」を発刊、水銀党ペンクラブ初の同人誌を実現させた。

はじめに

この度、水銀党ペンクラブ代表を就任するにあたり、ここ役員一覧にお目見えすることになりました。
光栄なんですが、なんだかむず痒い感じです。皆さんよろしくお願いします。

HN come(こめ)
誕生日 8月23日
血液型 O型
趣味 ランニング
特徴

直感型。わりと正解に近いものを探りだすのが得意。その代わり論理は幾分苦手。

好きな数字

58

好きな作家

村上春樹

尊敬する人物

父と祖父と少年剣道に通っていた時の師範

座右の銘

バランス、中庸

好きな本

ハルキ、レイモンド・チャンドラー、村上龍、フィリップ・K・ディック関連なら

お勧めの一冊 フィクションでコミック版の「Rozen maiden」以外なら、「流れよ我が涙、と警官は言った」。SF小説。
好きなアニメ

新世紀エヴァンゲリオン。エヴァ好きのあとにローゼンにはまる。つまり本サイトに導かれれたのは半ば必然。

余談

HNはネット上でエヴァ小説を書かれていたとあるアマチュア作家のHNをもじったもの。
彼の作品が自分に筆を握るきっかけを与えてくれた。いまでも感謝しています。

BACK